【感想】舞台「マスカレイドミラージュ」

随分ブログを書くのが久々になってしまったのですが、「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『マスカレイドミラージュ』」を実際にみた感想を覚えている範囲でしたためたいと思います。

 

最初に断っておきますが当ブログの感想はシーノ役・田川さん成分多めの感想です。キャラに対する贔屓目が多めに入った感想になるかと思いますので、ご容赦ください。
なお、今回は個人的に忙しかったので他の方の感想レポートを拝見する時間もなく、また他の回や大千秋楽のライビュの映像は見ていないので、自分が見に行った公演以外の回や大千秋楽での演出に関しては把握しておりません。

 

 

見どころについては以下の文章で詳しく触れていきたいと思いますが、個人的に最高だった部分は何といっても二次元と同じ身長で表現された舞台上!!!
 

【個人的見どころ① 二次元と同じ身長で表現された舞台上】
各プリンスたちの身長は頭に入っていたとしても、実際にこの目でプリンスたちのお姿を見たことがないので、体格だったりプリンスたちの身長差だったりは想像の世界でしかなかったのですが、今回、再演を演じるキャストさんが初代のプリンスたちをと同じ身長ということで、身長差が感じられたのは今作で一番良かったところかなぁと感じました。

身長に関してはあくまで公式情報なので、今現在、キャストさんたちの身長が変化していたとしてももちろん客席には分からないのだけど、実際にプリンスたちが舞台で演じているときの身長差が感じられ、衣装の裾の長さや立ち上がった時、座った際の感覚(?)がわかってよかったです。


【個人的見どころ② 劇中音楽】

前作の忍び道でもそうでしたが、Elements Garden(以下、エレガ)の作り出すサウンドがどれも素敵で、「天下無敵の忍び道」同様「マスカレイドミラージュ」のアレンジがとても素晴らしかったです。

個人的には今作のオリジナル曲「Welcome to Masquerade!~儚き愛の調べ~」よりも前作の忍び道のオリジナル曲「我ら最強SHI・NO・BI唄」の方がテンポが好きだったのでJTはどのようなサウンドを届けてくれるのか楽しみです。

またアンケートでも同様の要望を書いたのですが、エレガ作の劇中サントラを作っていただけたらなぁ~と。あの素晴らしいサウンドを是非家でも移動中でも聞きたいのでJT終演の際には三部作合同のサントラを発売してほしいです。

 

【個人的見どころ③ シーノ役田川さんについて】

さて、ここからが本題なのですが、配役が発表されたとき、みなさんは田川さんのお名前を知っていらっしゃいましたか?

 

 

私自身あまり舞台に詳しくないこともあり、レイジー役の染様やアインザッツ役のもっくんさんのお名前は見たことがあっても、シーノ役の田川さんのお名前を拝見したことがありませんでした。

シーノは個人的に思い入れのあるキャラクターなので二代目シーノを演じる田川さんとは一体どんな人物なんだろう?そして演技の評価はどのくらいなんだろう?と、まずは田川さんのことを一から調べることから始めました。

 

田川大樹 - Wikipedia

 

舞台の出演作品は今回のマスミラを除いてペダルと河童村ブルースのみ。

ペダルはアニメですら1期の途中で履修科目から外してしまったのでキャラクターの名前を見ても分からない状態。演技についても書いている人をあまり見かけなかったのでほとんど情報がないという現実。とりあえず呟きは少ないまでもツイッターはやっていらっしゃったので舞台までは必死にツイッターを見て人となりを観察するところからはじめました。

 

 ツイッターから稽古の様子をいくつかピックアップしましたが、マスミラに向けてボイトレや河童村ブルースで共演した事務所(石原プロ)の先輩・池田努さんやアンサンブルの方に稽古をつけてもらっている様子がわかる書き込みを発見し、応援する気持ちに。

この時点で他の方の田川さんに対する評価がゼロスタートだとしたら、私は既に15点ぐらい上乗せでスタートしていたように思います。

 

さて、ここまでが舞台を見るまでの印象です。

長くなってしまったので、以下、舞台でシーノ役を演じられた田川さんの良かった点を箇条書きで記していこうと思います。

 

・シーノの別人格を演じる際、歩き方や歩幅を意識的に変える演技で表情を見なくても歩き方や発声で演じわけができていた

・初代シーノの可愛らしいふわふわした雰囲気を引き継いだ演技はふわふわしたところを残しつつも引き締めるところはちゃんと引き締めていた

・音を外さない一定の歌唱力(私の観劇した回ではもっくんさんが何ヵ所か音を外していたように感じる箇所があったのですけれど、田川さんのパートは音が外れていなかったように感じました(ただし原曲より1オクターブくらい低い))

・ハキハキとした発声で発言が聞き取りやすかった

・カーテンコールで染様、もっくんさんが上手、田川さんが下手にはける際、一際大きく手を振っていらっしゃったのが印象的

 

ツイッターでも書いたのですけれど、忍び道はりんりんの滑舌と活かしきれていない演技にうた☆プリのファンとしてもりんりんの一ファンとしても、素直な気持ちで見れなかったのですが、マスミラは純粋な気持ちで見れたので楽しかったです。

 

東京公演、関西公演と本当にお疲れさまでした!素敵な物語をありがとうございました!!

田川さんは次の舞台も決まっているようなので、次も機会があれば見に行きたいと思います。

 

あと、これはとても個人的な意見なんですが、ツイッターでどなたかがプレゼントしたピヨちゃんと写真を撮っていらっしゃったのも好感度高いなぁと。

 
以前、原作ありきの作品で原作に出てくるキャラクターを侮辱したようにもとれる発言をした若手を知っているので、原作のキャラクターを大切に思ってくれている様子が伺えて良かったです。

 

舞台マスミラの円盤は2018年2月2日発売予定だそうなので、気になるかたは是非。

 

 

 

そして!昨日公式からお知らせがあった通り、JTの上演も決まりましたね!

 

 

関東公演は忍び道のシアターGロッソ、マスミラのAiiA TEATHER TOKYOを経ての天王洲銀河劇場。関西公演は忍び道およびマスミラを上演した神戸オリエンタル劇場を経て梅田芸術劇場での上演。

関西公演はキャパ数が200席以上も増えたので(オリエンタル劇場:668席/梅田芸術劇場:898席)今まで見に行けなかった人も見に行けるといいなぁと思います。

 

JTの関西公演の日数は今まで通り4日間ですが、東京公演は11日間(オフの日もあるだろうから実際には9日くらいだと予想)もあるのでどんな大物が来るかも楽しみですね!

(個人的にはカミュ様と同身長の某俳優が来たら行きたいと思っているので是非キャスティングよろしくお願いします・・・・!)